万年筆買取日記 モンブラン ボエム プラチナムプレートクリスタル ボールペン

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン ボエム プラチナムプレートクリスタル ボールペンです。

 

シックな出で立ちです。
ブラックとプラチナ装飾の組み合わせ、クリップの白い石が上手にマッチしています。

ボエムは女性向けのデザインが多いのですが、このように男性が違和感なく使えるデザインのものもラインナップされています。

いえ、「正確にはラインナップされていました」ですね。

ボエムはセンターを膨らませた、エンタシス的な優雅な女性的なボディライン。
そのラインを、黒とシルバー(プラチナ)の装飾で締めて、硬い感じを出しています。

優雅なボディラインと硬い色使い、硬軟を上手に描いたモデルだと思います。

 

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記のペンは、モンブラン 星の王子様 キツネ ル・グラン 万年筆

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン 星の王子様 キツネ ル・グラン 万年筆です。

 

星の王子様シリーズの初回、キツネです。

やはり最初が一番良いというか、なんというか
この色合いがシリーズの中では一番好きです。

このキツネ以降続くシリーズはいまいちピンときません。
まぁ、色の問題だけですから、単純に好みですけれど。

濃いブルーとシルバー装飾、黄色の星の色合いがきれいにマッチ
もっと値段がこなれていれば、人気になるのでしょうけれど、
約10万円はかなり厳しい値段ですね。

 

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 モンブラン PIX ホワイト ゴールドトリム

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

コロナウイルスの終息は、行政のみならず、ひとり、ひとりの意識にかかっていると思います。
ひとり、ひとりがやるべきこと、できることしっかりやりましょう。

 

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン PIX ホワイト ゴールドトリムです。

モンブランPIXホワイト

 

モンブランのエントリーモデル PIX

このモデルの特徴は、なによりもやはり色だと思います。

先に紹介したエメラルドグリーンや、ペトロール、オレンジなど艶やかな色がラインナップされています。

そして、その色合いがこれまたなんとも良いのです。

もちろん、このホワイトも例に漏れず、しっとりとした白とゴールドトリムの組み合わせが、可愛らしいさと美しさを両立させています。

女性を引き立てるペンですね。

リアのモンブランマークも、昔のやつはポロポロ取れましたが、これなら安心です。(たぶん)

 

 

在庫としている場合がございますので、気になった方はお問い合わせください。
E-mail:sateiアットマークmontblankaitori.com
(迷惑メール対策の為、@部分をアットマークと記載しております、誠にお手数でございますが、アットマークを@と書き換えてご送付ください)

 

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

お気軽にご用命ください。

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン ホワイトソリテール クラシック ボールペンです。

モンブランホワイトソリテールクラシックボールペン

モンブラン ホワイトソリテール クラシック ボールペン

モンブランシリーズのなかで一番綺麗な部類に入ると思う、ホワイトソリテールシリーズ。

以前、ホワイトソリテール レッドゴールドの万年筆を紹介しましたが、今回はボールペンです。

レッドゴールド装飾ではなくて、プラチナ装飾です。

レッドゴールドと比較して、落ち着いた色合いですね。
もちろん、美しさは変わらず、なんというか、こう、おしとやかで可憐な感じですね。

いいペンだ。

 

 

コロナウイルスが猛威を奮っています。
みなさん、くれぐれも3密行動をしないように、お互いに気をつけましょう。

 

モンブラン万年筆買取.comでは、ボールペン、万年筆、ローラーボールなど
どんなペンでも、新品、中古、国産、海外製など問わず、筆記具を
高価買取りさせて頂いております。

ぜひ、お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 モンブラン マイスターシュテュック ル・プティ・プランス ル・グラン 万年筆 星の王子さま キツネ

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン マイスターシュテュック
ル・プティ・プランス ル・グラン 万年筆 星の王子さま キツネ です。

マイスターシュテュック ル・プティ・プランス ル・グラン 万年 筆 星の王子さま キツネ

ディープブルーが印象的な、星の王子さま キツネバージョン。
このブルーは、「宇宙の空」をイメージしたものだそうです。

{宇宙の空」???
という気はしますが、まぁこれは和訳の妙でしょう。

星の王子さまシリーズは、このディープブルーのキツネが2018年に出て、その後、2019年に茶色のヒツジが発売されてます。

このディープブルーのキツネバージョンは、かなり好きです。
尻軸のプラチナ装飾は余計だったかなと思いますが、これはソリテールドゥエバージョンとのつながりもあるのでしょう。

ペン先の刻印も可愛く、微笑ましいですね。

今のところそんなに人気が出ているようではありませんけれど、売り切れてしまうと人気がでそう。
そんなモデルですね。

インクはやっぱりミッドナイトブルー(ブルーブラック)を入れたい

 

 

在庫としている場合がございますので、気になった方はお問い合わせください。
TEL:042-682-4825
E-mail:sateiアットマークmontblankaitori.com
(迷惑メール対策の為、@部分をアットマークと記載しております、誠にお手数でございますが、アットマークを@と書き換えてご送付ください)

 

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから
お気軽にご用命ください。

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 モンブラン ボエム レッドゴールド マロン 万年筆

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン ボエム レッドゴールド マロンです。

 

繰り出し式の万年筆 ボエム
これはレッドゴールドトリムのマロンです。

ボエムはそのデザインもさることながら、繰り出し式というギミックが素敵なペンです。

その機構のために、カートリッジ式のみというのが残念で、これがもしヘリテージのように吸入式であったのでならば、まだ生産が続けられて生きながらえていたのかもしれません。

これはレッドゴールドのトリムですから、最後のほうの生産品ですね。

残すは世の中に出回っているのみ。
ボエムが欲しい方は見つけたら、即購入が吉です。

 

 

モンブラン万年筆買取.comでは、ボールペン、万年筆、ローラーボールなど
どんなペンでも、新品、中古、国産、海外製など問わず、筆記具を
高価買取りさせて頂いております。

ぜひ、お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 モンブラン 161 レッドゴールド ル・グラン ボールペン

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン 161 レッドゴールド ル・グラン ボールペンです。

montbalnc-161-redgold

 

こちらもロングセラーですね。
マイスターシュテュック ル・グランのボールペンです。

現在は、3種類のラインナップ
ゴールド装飾、プラチナ装飾、レッドゴールド装飾です。

これはレッドゴールド装飾です。

もともとこのレッドゴールドは、マイスターシュテュックの90周年記念として発売され、のちに定番品としてラインナップに加わりました。

なんとなく落ち着きを感じされてくれるカラーで、金のように華美でなく、プラチナのように目立たずという感じですね。

ゴールド装飾は161
プラチナ装飾はP161 と呼ばれるのですが、これはR161とか言われないですね。
149、146も同じように、R149、R146と言われない無いなぁ
なんででしょうね。

マイスターシュテュックシリーズについては、3色のうちどれを選んでも失敗は無いので、どの色にしようかと悩んだときは、そのときの気分で決めればだいたい安心です。

 

 

 

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

モンブラン 149 14k 中白 1980年代 分解写真

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは・・・・

149 分解

 

14k 中白のモンブラン 149です。
写真がしょぼくて恐縮です。

1980年代前半のモデルと推定されます。
特徴的なところは下記です。

ニブ;14k 中白 コストカット穴無し
ペン芯:2段エボナイト
ピストンユニット:すべて真鍮の寸胴タイプ
クリップ:いかり肩のPIX文字無し
GERAMANY 刻印、シリアル刻印無し

ひとことで1980年前半とか言っちゃいますけど、すでに40年ほど前です。
けっこう、すごいとおもいませんか?

現行の149も部品構成は変わりません。
この程度の部品点数です。
実際は胴軸はまだ分離できますが、戻らなくなるので、ここまでにしております。

部品はときおりマイナーチェンジを受けています。
149のウィークポイントのひとつ、ピストン機構は現行のものが一番信頼性は高くなっていると思います。

こんどは、最新モデルの分解写真を載せますね。

最新のポルシェは最良のポルシェといいますが、これも考え方次第
古いものが良い場合もございます。
149もやはり同じことが言えると思います。

でも、部品品質だけでみれば、新しいもののほうが良さそうです。

 

 

 

在庫としている場合がございますので、気になった方はお問い合わせください。
TEL:042-682-4825
E-mail:sateiアットマークmontblankaitori.com
(迷惑メール対策の為、@部分をアットマークと記載しております、誠にお手数でございますが、アットマークを@と書き換えてご送付ください)

 

もう、1月も中盤ですよ・・・
光陰矢の如し
あまりに時が経つのがはやくて、こまります・・・

万年筆の買取は、ぜひ、お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 モンブラン スターウォーカー レジン 万年筆

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン スターウォーカー レジン 万年筆です。

モンブラン スターウォーカー レジン 万年筆

 

スターウォーカー レジンの万年筆です。
たぶん、最初のスターウォーカー。

すでにこちらもラインナップされていない模様で、既生産品のみということのようです。

デザインも秀逸ですし、キャップは後りねじ込みだし、不細工なキャップ締め込むネジも比較的上手に隠されているし、とても良いモデルだと思います。

カートリッジ式のみというところが、やはりイマイチなところですかね。

コンバーターも反則技ではありますが、ペリカン製が使用可能なようなので、その割り切りができればお値段的にもとてもオトクなモデルと思います。

いいモデルがどんどんディスコンされちゃう今日このごろです。

 

 

 

在庫としている場合がございますので、気になった方はお問い合わせください。
TEL:042-682-4825
E-mail:sateiアットマークmontblankaitori.com
(迷惑メール対策の為、@部分をアットマークと記載しております、誠にお手数でございますが、アットマークを@と書き換えてご送付ください)

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 スターウォーカー ミッドナイトブラック レジン

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、スターウォーカー ミッドナイトブラック レジンです。

スターウォーカーミッドナイトブラックレジン

 

スターウォーカーのエントリーモデル

スタンダートモデルのレジンのプラチナ装飾ではなく、ルテニウムという装飾になっています。

ガンメタルというとわかりやすいかもしれません。
鈍く光る、華美すぎない、装飾です。

目立ちすぎず、かといってスっと出せば、目を引くことは間違いなし、良いペンです。

スターウォーカーの中では、一番廉価で買いやすいモデルでしたが、
これもすでにカタログ落ちの模様
うーん、スターウォーカーシリーズは無くなってしまうのだろうか・・・

 

あっ!!という間に冬がやってきました。
冬がやってきたどころか、もう2019年もファイナルです。
毎年、この季節は少し寂しさを感じます。
残り少ない2019、気をつけて過ごしましょう。

年末の整理に、ご不要になった、万年筆、ボールペンは、ぜひ、当店に!
お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る