万年筆買取日記 ペリカン M205 ローズクォーツ

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、ペリカン M205 ローズクォーツです。

ペリカン M205 ローズクォーツ

 

 

2023インクオブザイヤーの「インク オブ ザ イヤー・ローズクォーツ」とカラーマッチングされたペンでそうです。

愛と美の女神・アフロディーテの石、ローズクォーツをモチーフに淡いほんのりとした可愛らしい色合いです。

内部のピストン機構部品や天冠に白い部品が使われ、いちごミルク的な感じもあります。

半透明の軸なので、インクを入れるとね、お分かりですね。
この可愛らしい状態を保つには、眺めて愛でるのが良いのかもしれません。

 

モンブラン万年筆買取.comでは、ボールペン、万年筆、ローラーボールなど
どんなペンでも、新品、中古、国産、海外製など問わず、筆記具を
高価買取りさせて頂いております。

ぜひ、お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

ホンモノ?ニセモノ?

ニセモノも世の中に出回っているモンブランのペン類ですが、Webサイトの中に、ホンモノ、ニセモノ比較があったりします。

で、すべてではないのですが、これらの類の中で、製品の年代による違いを比べて、ホンモノだニセモノだと書いているサイトもけっこう存在します。

それ、全部ホンモノだけど・・・と思うことも多々

最近またそういうサイトを見つけてしまい、人の口に戸は立てられぬので致し方のないところ。

これに限らず、ネット社会はその情報を鵜呑みにせずに、正しいかをちゃんと確認することが大切ですね。

あっ、テレビ、新聞などのオールドメディアも同じか。

 

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから
ぜひ、お気軽にご用命ください。

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 モンブラン 144 ボルドー

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン 144 ボルドーです。

 

 

ラインナップから消えて久しいボルドー色です。
当時は、「赤」と呼ばれていました。

144の後継はみなさんご存知の145(マイスターシュテュック クラシック)ですが、145に代替わりするにあたりキャップがネジ式になりました。

ここは賛否両論あるところで、はめ込み式キャップの使いやすさも捨てがたいわけです。

このはめ込み式のキャップとDISCONとなってしまったボルドー色
これが144 ボルドーの人気の秘密です。

状態の良いものが限りなく少なくなっている今、こちらは未使用のまま、とても大切に保管されていた一品です。

大切にしていただける方だけにお譲りしたい極上のペンです。

 

在庫としている場合がございますので、気になった方はお問い合わせください。
E-mail:sateiアットマークmontblankaitori.com
(迷惑メール対策の為、@部分をアットマークと記載しております、誠にお手数でございますが、アットマークを@と書き換えてご送付ください)

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

ぜひ、お気軽にご用命ください。

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

モンブラン 146 ル・グラン 14k刻印のニブです。

 

モンブラン 146 ル・グラン 14k刻印のニブです。

たまにご質問を頂く件です。

2013年か、2014年くらいだと思いますが、ニブの金グレードの表示が、14k表示からAu585に変わっています。

149などの18kモデルも同様で、18k表示からAu750表示に変わっています。

 

 

万年筆買取日記 モンブラン スターウォーカー レジン

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン スターウォーカー レジンです。

スターウォーカー レジン 万年筆

モンブランの近代的なデザインのシリーズのひとつ。

しっかりと考えられたデザインでバランスよく使いやすいです。
首軸のネジ部が目立たないように作られているのも、好印象。
キャップも後ろにネジで固定できます。このネジ部もきちんとデザインされています。

 

 

 

在庫としている場合がございますので、気になった方はお問い合わせください。
E-mail:sateiアットマークmontblankaitori.com
(迷惑メール対策の為、@部分をアットマークと記載しております、誠にお手数でございますが、アットマークを@と書き換えてご送付ください)

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 モンブラン ソリテール ドゥエ シグナム クラシック

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン ソリテール ドゥエ シグナム クラシックです。

モンブラン ソリテール ドゥエ シグナム クラシック

 

モンブラン ソリテール ドゥエ シグナム クラシック-2

 

ステンレスのキャップとモンブランマークが樹脂成形された胴軸が特徴的なペンです。

144タイプでキャップがはめ込み式なのは、はめ込み式が好きなユーザーにとっては嬉しいところです。

尻軸にもMONTBLANCの文字がレーザー刻印(たぶん)で入っていて、胴軸と合わせて、モンブランのアイデンティを目一杯詰め込んだペンになっています。

かるすぎず、重すぎず、滑りにくく持ちやすい胴軸。

たぶん、生産数も少なくあまり出回っていないモデルですが、良い出来で隠れた名作かもしれません。

 

在庫としている場合がございますので、気になった方はお問い合わせください。
E-mail:sateiアットマークmontblankaitori.com
(迷惑メール対策の為、@部分をアットマークと記載しております、誠にお手数でございますが、アットマークを@と書き換えてご送付ください)

 

ぜひ、お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 モンブラン ホワイトソリテール クラシック レッドゴールド ボールペン

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン ホワイトソリテール クラシック レッドゴールド ボールペンです。

モンブラン ホワイトソリテール クラシック レッドゴールド ボールペン

 

間違いなく美しいシリーズ モンブラン ホワイトソリテール。
これは、クラシックサイズのボールペン、装飾はレッドゴールドです。

ピンクとホワイトのコントラストがやさしい美しさを魅せてくれています。

この他に、シルバー装飾、ゴールド装飾がありますが、どれも美しく、
ペン好きな女性には、ぜひ持ってほしいシリーズのひとつです。

 

 

 

モンブラン万年筆買取.comでは、ボールペン、万年筆、ローラーボールなど
どんなペンでも、新品、中古、国産、海外製など問わず、筆記具を
高価買取りさせて頂いております。

ぜひ、お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

ペリカン M605 シュトレーゼマン

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、ペリカン M605 シュトレーゼマンです。

M605 シュトレーゼマン

 

M805からはじまり、M405、そしてM605とフルサイズになったシュトレーゼマン
なぜこれだけがブラックストライプと呼ばれずに、シュトレーゼマンなのか?
最初はフルラインナップの予定でなく、テンポラリーな製品という位置づけだったのかもしれませんね。
人気があったので、フルラインナップ化された。そんなところでしょうか。

いずれにしても、とてもお気にいりの1本には違いありません。

 

 

 

モンブラン万年筆買取.comでは、ボールペン、万年筆、ローラーボールなど
どんなペンでも、新品、中古、国産、海外製など問わず、筆記具を
高価買取りさせて頂いております。

ぜひ、お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 カランダッシュ ボールペン レマン スリム コレクション エボニー ブラック

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、カランダッシュ ボールペン レマン スリム コレクション エボニー ブラックです。

 

 

レマンシリーズの細身のタイプ。
美しさはそのままに、使いやすさを前面に出した細身仕様です。

ビジネスの場面で、さりげなく使うと文句なくかっこいいです。


万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る