万年筆買取日記 モンブラン スターウォーカー アーバンスピリット ボールペン

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン スターウォーカー アーバンスピリット ボールペンです。

前回紹介したのは、アーバンスピード
こちらは、アーバンスピリットです。

都会のスピードと都会の精神

どうやら、この角張ったシリーズのスターウォーカーは都会好きなようです。

この角張ったシリーズ スターウォーカー、カッコイイと思うのですが、なんでカタログ落ちしてしまったんでしょうかねぇ

そもそもとして、スターウォーカー自体がモンブラン社のウェブサイト上でもかなり数が減ってますね。

うーん、スターウォーカーとしては縮小傾向なのかもしれません。

さて、このアーバンスピリット
デザインの良さのキモは、トップ下のロゴだと思います。
黒字に抜き文字が、ボディの黒と先端のシルバー色部分とマッチして上手に引き締めているんですねぇ

うーん、カッコイイ

 

 

モンブラン万年筆買取.comでは、ボールペン、万年筆、ローラーボールなど
どんなペンでも、新品、中古、国産、海外製など問わず、筆記具を
高価買取りさせて頂いております。

ぜひ、お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

 
 

万年筆買取日記 モンブラン スターウォーカー アーバンスピード

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、モンブラン スターウォーカー アーバンスピードです。

 

トップが四角いスターウォーカーシリーズの一種です。
このトップが四角いシリーズ、すでにカタログ落ちしている模様です。

しかし、このアーバンスピード・・・・
めちゃくちゃカッコイイです。
ということで、写真多めです。

真っ黒のボディ、たぶん漆黒をイメージか?
赤いラインのみがすっと入ります。

スターウォーカー特有の、キャップを後ろに固定できる機能は相変わらず、お役立ち。
ぴったりとニブとクリップの方向がフィットするところも、うれしいです。

首軸のところのネジのデザイン処理は、丸いスターウォーカーシリーズのほうがキレイですが、まぁこれは許しましょう。

重さ、それにキャップを後ろにつけてもレジン製ってことで、バランスが良いのです。

うーん、まじで良いわ~これ。

カートリッジ式だけど、ペリカンのコンバーター使えば良いので、これも許しましょう。
スターウォーカーシリーズも、ヘリテイジシリーズみたいにコンバーター内蔵にして吸入式っていうのもありではないかと思うのですけどね・・・

 

夏まっさかりです・・・・暑いです。
でも、素敵なペンでココロは和みます。
エアコンをしっかり効かせて、お気に入りのペンで、落ち着いて文章を書いてみる。
真夏の素敵な過ごし方ではありませんか。

ご不要な万年筆、ボールペン等ございましたら、ぜひお声掛けください。

モンブラン万年筆買取.comでは、ボールペン、万年筆、ローラーボールなど
どんなペンでも、新品、中古、国産、海外製など問わず、筆記具を
高価買取りさせて頂いております。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 パーカー 180

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、パーカー 180です。今日は写真多め!

 

 

 

製造は、1979年~1985年 だそうです。

ニブの表と裏をつかって、太さの違う使い方ができる特徴的な万年筆です。

筆記は万年筆に限らず、太字、細字と使い分けがけっこう必要です。
本来は太字が好きだけど、この枠には太字では入らない・・とかね。

なので、こういった発想はやっぱり自然発生的だと思います。

ただ、これが現在まで、万年筆のスタンダードには全くなっていません。
もちろん、このパーカー180もとっくの昔に生産は終了してます。

やはり、どうしても裏返して使うと、100%しっくりこないのです。
もちろん、砥ぎの問題もあるのだと思いますが、裏返すことでペン芯側が見えてしまうので、どうしても裏返している感が消えない。
そんなところではないかと思います。

便利な機能には違いないので、ビジュアル面を良くすれば、市民権を得るのかもしれないですね。

 

 

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 クロス クラシックセンチュリー ボールペン 14k張り

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

なかなか、梅雨が続きますねぇ
かといって、梅雨があければ、猛暑がやってくるだろうし・・・
あー春から初夏が恋しい・・

今日の万年筆買取日記のペンは、クロス クラシックセンチュリー ボールペン 14k張りです。クロスの定番品で、長い間人気が続いているロングセラーです。

 

そうです、これは旧ロゴのタイプですね。
筆記体のロゴが素敵です。
なんで、今のロゴにしてしまったのか不明ですが、やはりメーカーとしては、なにか変えなくてはいけないという、へんな使命感があるのかもしれません。

どんなメーカーもずーとおなじコーポレートマークではないですものねぇ

なには、さておき、この旧ロゴのほうがカッコイイ
それは、紛れもない事実です。

 

 

モンブラン万年筆買取.comでは、ボールペン、万年筆、ローラーボールなど
どんなペンでも、新品、中古、国産、海外製など問わず、筆記具を
高価買取りさせて頂いております。

ぜひ、お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 ペリカン M101N トータスシェル

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、ペリカン M101N トータスシェルです。

 

M101Nシリーズは、このトータスシェルを皮切りに、今もランナップされ続けていて、最近はこの間紹介したように
M101N グレー/ブルーが発売されました。

で、グレー/ブルーの記事を書いたら、このトータスシェルがさらに愛おしくなり
思わす写真を撮ってしまいました。
シリーズ物は、最初のモデルがどうしても人気になり、このトータスシェルも、ご多分にもれず、いまはけっこういい値段になっています。

うーん、やっぱりいいねぇ

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 モンブランスターウォーカー エクストリーム スティール ボールペン

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、
モンブラン スターウォーカー エクストリーム スティール ボールペン
です。

 

スターウォーカーの新ラインとして登場した、エクストリーム
丸みを帯びたスタンダードなスターウォーカーから、角ばったシャープなスタイルに変遷したモデルです。

いまは、どうやらカタログ落ちしているようで、これもDISCONのようですね。

このスティール以外もシャープでスピィ-ディ-さを感じされるモデルが多くてとてもよかったのですけれどね。

天冠部分のアップなんて、かっこいいなぁと・・・・ほれぼれ

 

 

 

新品状態で在庫ございますので、気になった方はお問い合わせください。
TEL:042-682-4825
E-mail:sateiアットマークmontblankaitori.com
(迷惑メール対策の為、@部分をアットマークと記載しております、誠にお手数でございますが、アットマークを@と書き換えてご送付ください)

ぜひ、お気軽にご用命ください。

6月という季節柄もあり、ペンを新潮されたかたも多いのではないでしょうか?
ご使用にならなくなったペンはぜひ、当社にお譲りください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

万年筆買取日記 ペリカン M101N グレー/ブルー

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

今日の万年筆買取日記のペンは、ペリカン M101N グレー/ブルーです。

 

 

2011年のトータスシェルブラウンから始まったM101Nシリーズ

とうとう5作目です。

1作目;トータスシェルブラウン
2作目:リザード
3作目;トータスシェル レッド
4作目:ブライトレッド

で、5作目:グレー/ブルーです。

柄以外は特に変わったところは無いようです。
キャップが後ろにもう少ししっかりハマるようにマイナーチェンジを期待しているのですがね・・・

それはさておき
グレーブルーの軸は、涼しさを感じさせるくれるので、これからの季節にピッタリではないでしょうか。

まだ、本格的ではありませんが、これからどんどん暑さが増してきます。
暑さでうんざりしているときに、この可愛らしいクールなペンで一息つくのは、とっても良さそうですよ。

3作目、4作目が赤系でホットなカラーでしたから、今度はクールにですね。

 

 

 

 

在庫としている場合がございますので、気になった方はお問い合わせください。
TEL:042-682-4825
E-mail:sateiアットマークmontblankaitori.com
(迷惑メール対策の為、@部分をアットマークと記載しております、誠にお手数でございますが、アットマークを@と書き換えてご送付ください)

 

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

モンブラン 146と145のキャップリング

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

前回、お話した、マイナーチェンジの件
重い腰をあげて、最近のキャップリングの写真を撮りましたのでUP

PIX文字がなくなっております。
146と145でこうなってますね。(プラチナ装飾も含む)
149は、まだしっかり確認しておりません ^^;

2018年に入ってからの変更と思われます。
まだ、市場ではpix有り無しが混在しているでしょうね。

4方向から
映り込みやホコリも若干写っておりますが、ご愛嬌

 

 

梅雨でございます。
ジメジメではありますが、雨も振らないと水が足りなくなります。
日本の風物詩、季節は楽しみ、慈しむもの

万年筆等のお買取は、ぜひ、お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

密かににマイナーチェンジしてる

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。

モンブランのフラッグシップであり、定番品の149と146ですが、
微妙にマイナーチェンジがコンスタントにされているんですよね。

しばらく前に、ニブの取り付け方法や、ピストン機構のチェンジがあって、まぁこれはけっこう大きな変更ではあるのですが、知ってる人が見ないとわかりませんし、ピストン機構なんぞは分解しないとわからない。

最近、146を見ていて気がついたのですが、キャップリングの文字が変わっている。

時期的には、2018年くらいからと思われます。

キャップリングの文字はちょこちょこ変わっているのですが、また変わったみたいです。

写真が取れたらまたUPするつもりです。

正直いってこういう細かい、品質に影響ない部分の変更は、面倒なのでやめてほしいところです。
しかもランニングチェンジなので、混在してるし・・・

これは、最近のニブの刻印です

 

 

 

モンブラン万年筆買取.comでは、ボールペン、万年筆、ローラーボールなど
どんなペンでも、新品、中古、国産、海外製など問わず、筆記具を
高価買取りさせて頂いております。

ぜひ、お気軽にご用命ください。

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る

 

万年筆買取日記 アウロラ デュオカルト DC57 クロームキャップ

こんにちは、モンブラン万年筆買取.comのkiyoです。
前代未聞の10連休から、1週間
みなさま、連休ボケはとれましたでしょうか?

今日の万年筆買取日記のペンは、アウロラ DC57です。

ノスタルジック感満載のアウロラ DC57です。
それもそのはず、できるだけ当時のパーツを使ってつくった復刻版だそうです。

なにしろ時代は1950年台
令和のいまから遡ること約70年、昭和25年から昭和34年が1950年代です。

なんとも良いではありませんか
四の五の言わずに、ノスタルジーを楽しむペンです。

 

 

在庫としている場合がございますので、気になった方はお問い合わせください。
TEL:042-682-4825
E-mail:sateiアットマークmontblankaitori.com
(迷惑メール対策の為、@部分をアットマークと記載しております、誠にお手数でございますが、アットマークを@と書き換えてご送付ください)

 

万年筆やボールペンの買取お見積もりや、ご相談はこちらから

モンブラン 万年筆買取.comのホームページに戻る